トップページへもどる

 その他の事業の御報告

「その他の事業」の目次へ



高野山金剛講令和元年度本山巡回御詠歌布教講習会
日時:令和元年9月4日 午前10時〜午後2時30分
於:ファミーユ大淀ホール(宮崎市東大淀)

講師:高野山本山布教師 詠監補  
長綱 祐眞 先生(岡山県美作市 薬水寺)

御詠歌は、鈴と鉦の美しい響きとともに
仏さまとその教えを讃えてお唱えし、
その歌声をお供えするものです。
お経の内容をわかりやすく表現したものなので、
真心を込めてお唱えすれば、
仏さまやご先祖さまに対するご供養にもなります。

真言密教の哲理(真理の教え)は、
一見、難解に感じられるかもしれません。
しかし、それを平易に私たちに伝えているものが御詠歌であり
高野山金剛流は真言宗・お大師さまの教えをやさしく民衆に訴え、
深遠なる仏教の境地を実感することができます。

   会場を提供いただきました『ファミーユ大淀ホール』
入り口には立派な看板も設えていただきました。
    今回の巡回講習の講師先生は
   長綱 祐眞 詠監補 先生

  開講式にて
  高野山管長猊下のお諭しの御文を
  奉読くださいます。
        織田芳源 宮崎宗務支所長ら御挨拶ののち
  一斉奉詠
      講習の合い間に、
  宮崎地方本部総監 えびの弘泉寺ご住職
  成松 昇俊 僧正から
  鈴鉦のお作法の指導も頂きました。
       閉講式では、講師先生から
 受講生代表者に修了の証が授与されました。

 また、受講生代表より、講師先生へ
 御礼のことばが送られ、
 御法楽にて講習を閉じました。



       これより以前の事業の記録            トップページへもどる


inserted by FC2 system